地名由来でブラナガノ

写真善光寺表参道の歴史、伝説に秘められた地名由来を解説します。

地図

集合場所

長野市観光情報センターに集合します。

写真

往生院境内

往生院は善光寺七院の筆頭となっています。
善光寺火災の折りに5度「仮り堂」となっている善光寺と関係の深いお寺です。

写真

千石稲荷

写真

仁王門前

仁王門正面には上野公園の西郷隆盛像の作者として有名な高村光雲とその弟子の米原雲海の合作による仁王像が裏側には、三面大黒と三方荒神の像が祀ってあります。

写真

西光寺境内

正治元年(1199)、善光寺如来に導かれて、高野山から信濃の地に下った苅萱道心がこの地に草庵を建立。宗派は浄土宗。
ご本尊は、開祖苅萱道心とその子信照坊道念上人(幼名石童丸)が子授け・子育ての願いを込めて彫られた二体の親子地蔵尊です。

写真

延命地蔵前

延命地蔵尊は、善光寺草創以来、如来堂の瑠璃壇があった場所に現本堂楽慶後に造立されました。
この延命地蔵尊は、新しく生まれた子を守り、その寿命を延ばしてくださるといわれています。

写真

鶴ヶ橋

源頼朝公も善光寺に緑があり、この地を訪れた一人。ここは、頼朝伝説を語る最初のポイント。解説を聞けば、地名の由来まであきらかに!?

写真

善光寺境内駒返り橋

頼朝伝説最後のポイントであり、ガイドもここで終了。ここからは、駒(ガイド?)を返して心新たに善光寺へ参拝。

ツアー予約

・集合場所:長野駅構内
・ツアー参加料:お一人様500円
 

※ツアーに参加される皆様には保険に加入していただきます。

2017年7月
           
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31