善光寺表参道体験さんぽ

写真長野市の文化「絵解き」と郷土食「おやき作り体験」、老舗のお茶屋さんでスイーツ。
そして散策しながら長野市の歴史・伝説を解説します。

地図

集合場所

長野市観光情報センターに集合します。

写真

おやき村大門店(おやき作り体験)

小川村の縄文時代の遺跡から雑穀の粉を焼いた跡が発見されたことから「縄文おやき」と名付けられました。
おやきのほかにも、そば・おぶっこなどの素朴な郷土料理があります。

写真

西光寺(絵解き体験)

鎌倉時代以前から存在する由緒あるお寺。ここでは、お寺の由来について、長野の文化とも言える”絵解き”で解説をしてもらう。仏教芸能と言われる”絵解き”は、普段見聞きすることのない貴重な体験。歌舞伎の演目にもなっている苅萱同心と石堂丸の話は、思わず引き込まれる。”絵解き”にも登場する2体の地蔵菩薩や石塔等を見ると、”絵解き”の世界と目の前の光景がリンクし、不思議な思いに駆られる。

写真

仁王門

仁王門正面には上野公園の西郷隆盛像の作者として有名な高村光雲とその弟子の米原雲海の合作による仁王像が裏側には、三面大黒と三方荒神の像が祀ってあります。

写真

十念寺・大仏堂

十念寺は今からおよそ800有余年前の創建で源頼朝公を開祖としています。
宗派は浄土宗。大仏堂は美作の国(岡山県) の名刹「誕生寺」の正道上人(しょうどうしょうにん) が誕生寺の住職として「出世」される直前に周辺地域を廻り、勧進して作られた大仏です。
そのことに由来して「出世大仏」といわれております。 

写真

延命地蔵尊

延命地蔵尊は、善光寺草創以来、如来堂の瑠璃壇があった場所に現本堂楽慶後に造立されました。
この延命地蔵尊は、新しく生まれた子を守り、その寿命を延ばしてくださるといわれています。

写真

長喜園(スイーツを味わう)

長喜園は明治37年創業のお茶の老舗で、門前において1世紀の歴史があります。
ここでしか味わえない「抹茶・ほうじ屋二段盛りソフトクリーム」をお召し上がりください。
なお、ソフトクリームが苦手な方は「ババロア」または「ぜんざい」に交換が可能です。

写真

善光寺境内駒返り橋

頼朝伝説最後のポイントであり、ガイドもここで終了。ここからは、駒(ガイド?)を返して心新たに善光寺へ参拝。

ツアー予約

・集合場所:長野市観光情報センター
・ツアー参加料:お一人様500円(絵解き拝観料500円、スイーツ400円、おやき作り体験料540円が別途必要です)
 

※ツアーに参加される皆様には保険に加入していただきます。

2017年6月
       
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
2017年5月