西方寺スタート大本願宝物殿拝観と善光寺ゆかりの寺社をガイドとめぐる

写真善光寺本堂の仮堂であった西方寺、善光寺3鎮守のひとつ湯福神社などをご案内します。 【所要時間:1時間半】
予約する

地図

集合場所

西方寺から出発します

西方寺

写真

開山は、正治元年(1199) に浄土宗の開祖法然上人が善光寺を訪れた時に、権堂の往生院の地に創建したと伝えられています。現在の地に移転してから、善光寺の仮本堂に2回なりました。チベット大仏は台座を除き高さ2.4m、重さ2tの日本初のチベット塑像(そぞう)です。平成22年にダライ・ラマ14世法王による大仏開眼式が行われました。

大本願

代々尼僧寺院で、今の善光寺創設頃の上人は、柳沢吉保の娘が務めています、ちなみに大勘進の貫主は柳沢吉保の甥が務め、柳沢家の全盛が伺えます。宗派は浄土宗で、宗祖法然上人留錫(滞在)の伝説があります。

仁王門

仁王門は、宝暦2年(1752)に建立されましたが、焼失と再建を繰り返し、現在のものは大正7年(1918)に再建されたものです。仁王像は、高村(たかむら)光雲(こううん)とその弟子である米原(よねはら)雲海(うんかい)の合作による彫刻で、通常とは逆に左側に阿形を置いています。

仲見世通り

300年前、現在の本堂が出来る前はここは、堂庭(境内)であった。本堂が北側に移転したため、商人が集まって仲見世となった。

大勘進

写真

勧進とは建物や再建を司る役職の名で、善光寺ではその役職の名が寺名として残った事になります、住職は貫主(かんず)と呼ばれ善光寺の住職を兼ねています。境内には護摩堂、宝物館には武田信玄、上杉謙信の位牌があります。屋根には武田菱に似た、源氏菱が付いています。尚宗派は天台宗です。

湯福神社

写真

創建は定かではありませんが、古くから善光寺一帯の氏神さまとして崇敬され、善光寺三鎮守の一社です。御祭神は諏訪大社と同じ建御名方命になります。

弥栄神社

善光寺境内駒返り橋

写真

頼朝伝説最後のポイントであり、ガイドもここで終了。ここからは、駒(ガイド?)を返して心新たに善光寺へ参拝。

ツアー予約

・集合場所:西方寺境内曼荼羅堂(大門町交差点から西へ30m) ・所要時間:1時間半 ・ツアー参加料お一人様300円(中学生以下無料) ※ただし大本願宝物殿拝観料が別途大人500円、小中学生100円必要です ・実施日の9時30分から12時の間、随時出発します(参加者1名から実施します)

※ツアーに参加される皆様には保険に加入していただきます。

2018年4月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
         
2018年3月