写真

写真東町・西町に残っている文化財等をご案内するコースです。
【所要時間:2時間】
予約する

地図

長野天神

写真

西方寺から出発します。

西方寺

写真

開山は、正治元年(1199) に浄土宗の開祖法然上人が善光寺を訪れた時に、権堂の往生院の地に創建したと伝えられています。現在の地に移転してから、善光寺の仮本堂に2回なりました。チベット大仏は台座を除き高さ2.4m、重さ2tの日本初のチベット塑像(そぞう)です。平成22年にダライ・ラマ14世法王による大仏開眼式が行われました。

長野電燈発祥(碑)

写真

暮らしが一変。
長野で最初の電灯が灯った時、電灯供給会社はここにあった。

武井神社

写真

その創建は定かではありませんが、持統5(692)年頃ではないかと云われています。御神祭は「建御名方命(たけみなかたのみこと)」で諏訪大社と同じになります。善光寺三鎮守の一社です。

ちょっくらおいらい館

写真

江戸時代中期の頃から菜種油製造問屋として菜種油・ロウソク等を扱ってきた商家で、名前は油問屋三河屋庄左衛門商店といいましたがその建物を活用したものです。
建造物は平成18年に国の登録有形文化財に指定されました。

畳差し

写真

善光寺町は火災が多かったので町を守るために設けられたのが「善光寺町防火水路」です。
家庭にあった畳を差して水を溜め活用していました。

長野天神

写真

袖長野、上長野、下長野等 長野という地名が多く存在するため「長野天神」という名が付けられたと言われています。
又、長野県の名前「長野」の発祥の地とも言われています。

長野聖救主教会日本聖公会救主聖堂

写真

1898年創建のゴシック風建築です。
国の登録有形文化財に指定されました。

加茂神社

写真

善光寺7社の一つ。祭神は神武天皇の母神玉依比売命(たまよりひめのみこと)でした。
下鴨神社の御分霊を当地に祀っております。
善光寺大本願と深い関わりがあります。

妻科神社

写真

諏訪大社下社の御祭神八坂刀売命(やさかとめのみこと)とその御子神妻科比売命(つましなひめのみこと)を祀っていると言われています。
善光寺三鎮守の一つ。
(善光寺三鎮守・・湯福神社 武井神社 妻科神社)

浅井洌・北村季晴旧居跡

写真

県歌「信濃の国」は長野師範の教師浅井洌が作詞し北村季晴が作曲しました。その卒業生が教師として県内各地に赴任し、教えたことにより広く歌われるようになりました。1968年県歌に指定されました。

長野天神

写真

1975年に長野市堅石(たていし)に建てられました。
1978年、明治天皇が行幸の際休憩所に充てられました。
信州大学教育学部の前身です。

長野天神

写真

北国街道の善光寺町に接続していたこの地(妻科あたり)を当時、鳴子耕地といいました。その地名を取って鳴子清水といいます。

長野天神

ガイドはここで終了します。

ツアー予約

・所要時間:2時間
※ツアー参加料お一人様500円(参加料には、保険料も含まれます) ※ツアーに参加される皆様には保険に加入していただきます。

2019年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
       
2019年11月