ガイドと歩く善光寺大勧進・大本願と宿坊めぐり

写真善光寺境内には、本堂以外にも歴史に彩られた建造物や伝説があります。その見所をガイドが親切に解説しながら巡ります。【所要時間 1時間】
予約する

地図

集合場所

写真

大勧進に集合します

大勧進

写真

天台宗大本山で善光寺25院の本坊となっている。
開山以来、代々善光寺如来に仕え、民衆の教化と寺院の維持管理にあたっているお寺です。
大勧進とは役職名でしたが、善光寺ではこの役職名が寺名として残りました。大勧進の住職は貫主(かんす)と呼ばれており、善光寺の住職を兼ねています。現在103世瀧口宥誠(たきぐちゆうじょう)貫主様。

本覚院(ほんがくいん)阿闍梨池

写真

阿闍梨池(あじゃりいけ)は、善光寺七池の一つに数えられている。
阿闍梨池の謂れは、法然上人の師、皇円阿闍梨が静岡県桜ヶ池に入定したのち、に暴風雨とともに竜となって阿闍梨池より現れ、善光寺本堂を7回めぐりもとに帰って行ったという伝説が伝わる。
その為桜ヶ池と地下でつながっていると言われています。

布袋

写真

仁王門は、1752年に建立。現在の建物は大正7年(1918年)に再建された。仁王像は、1919年に建立されました。左側に「阿形像」、右側に「吽形像」があります。「あ」と「ん」ということで物事の始まりと終わりを表している。
作者は、上野公園の西郷隆盛像の作者として有名な高村光雲とその弟子である米原雲海の合作による彫刻です。

堂照坊

写真

親鸞聖人が百日逗留したと言われています

大本願

写真

善光寺の創建(642年)当初からその歴史を共にしてきた尼僧寺院(にそうじいん)で、代々の大本願住職尼公上人(にこうしょうにん)が善光寺上人として、その伝統を継承されてきました。現在は浄土宗の大本山で、大勧進の貫主(かんす)と共に善光寺住職を兼ねております。善光寺39の宿坊の内、浄土宗14坊の本坊となっています
現在は、鷹司家出身の鷹司誓玉大僧正が善光寺上人を務めていらっしゃいます。

正信坊法然堂

写真

法然堂は、浄土宗を開いた法然上人(1133~1212)が善光寺参詣の際に宿泊したと伝えられています。

世尊院

写真

花ケ池は、善光寺7池の一つでこの水は「阿伽(あか)の水」と呼ばれ、もともとは善光寺御本尊に供える水であったと言われています。
涅槃釈迦如来像は、鎌倉時代の作で国の重要文化財指定お釈迦様が八十歳で入滅されたお姿と言われ、日本で唯一の等身大で銅像です。

延命地蔵尊(旧如来堂跡地)

写真

善光寺創建以来、1700年善光寺炎上まで、如来堂(瑠璃壇)があった場所であり、延命地蔵尊は現本堂落成後、1712年に造立されました。現在の地蔵尊は、1949年に復興されました。

仲見世通り

写真

仁王門から北は、仲見世通りと呼ばれ両側に仏具や土産物を売る店が続く。
かつて善光寺伽藍(本堂)があった場所で、その後江戸時代伽藍(本堂)が現在の位置に移転し、その跡地は「堂庭」と呼ばれ次第に商人たちが集まりました。

善光寺境内返り橋

写真

1197年に源頼朝が善光寺を参拝した際に、馬の蹄が穴に挟まったため駒を返したという話から「駒返り橋」と呼ばれています。
仲見世通りから山門へ進む参道入口にあり、その馬蹄のくぼみは、現在も橋の左側に見ることができます。
ガイドはここで終了します。

ツアー予約

・所要時間:1時間
※ツアー参加料お一人様500円(参加料には、保険料も含まれます) ※ツアーに参加される皆様には保険に加入していただきます。

2019年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
         
2019年8月