西方寺発 大勧進・大本願お宝拝観と供養塔・結縁柱めぐり

写真御開帳期間中のガイド実施コース
御開帳のシンボルである本堂前の回向柱の他に界隈のお寺で供養塔、結縁柱が建立されます。
この機会に参拝して御利益をいただきましょう。【所要時間 1時間半】
予約するFAXでお申し込みをされる方はこちら

地図

START

集合場所

写真

西方寺に集合します

POINT1

西方寺

写真

開山は、正治元年(1199年) に浄土宗の開祖法然上人が善光寺を訪れた時に、権堂の往生院の地に創建したと伝えられています。
現在の地に移転してから、善光寺の火災の際には2回善光寺仮本堂になりました。
善光寺の仮本堂の際使われた天蓋・香炉・天井絵などがそのまま残っています。
本堂手前左の二尊堂のチベット大仏は台座を除き高さ2.4m、重さ2tの日本初のチベット塑像(そぞう)です。平成22年にダライ・ラマ14世法王による大仏開眼式が行われました。
御開帳期間中には回向柱が建てられます。

POINT2

大本願宝物殿拝観

写真

善光寺の創建当初(642年)からその歴史を共にしてきた尼僧寺院(にそうじいん)で、代々の大本願住職尼公上人(にこうしょうにん)が善光寺上人として、その伝統を継承されてきました。現在は浄土宗の大本山で、大勧進の貫主(かんす)と共に善光寺住職を兼ねております。善光寺39の宿坊の内、浄土宗14坊の本坊となっています。
現在は、鷹司家出身の鷹司誓玉大僧正が善光寺上人を務めていらっしゃいます。
大本願の宝物殿を拝観します。

POINT3

仁王門

写真

仁王門は、宝暦2年(1752年)に建立されましたが善光寺地震や近隣の失火で焼失の後、大正7年(1918年)に現在の建物に再建されました。仁王像は、翌1919年に建立されました。左側に「阿形像」、右側に「吽形像」があります。裏側には、三面大黒と三宝荒神の像が祀ってあります。
仁王像の作者は、上野公園の西郷隆盛像の作者として有名な高村光雲とその弟子である米原雲海の合作による彫刻です。

POINT4

世尊院(釈迦堂)

写真

鎌倉時代作の涅槃釈迦如来像は、国の重要文化財。お釈迦様が八十歳で入滅されたお姿と言われ、日本で唯一の等身大の銅像です。信濃善光寺の寝釈迦様として広く信仰を集めています。
御開帳期間中には供養塔が建てられます。

POINT5

護摩堂結縁柱・宝物館拝観

写真

御開帳時には護摩堂前に結縁柱が建立され、この柱と御本尊の不動明王の剣を握っている手の手首とが綱で張られ五色の紐で結ばれます。
大勧進の宝物館を拝観します。

POINT6(GOAL)

大勧進

写真

天台宗大本山で善光寺25院の本坊となっている。
開山以来、代々善光寺如来に仕え、民衆の教化と寺院の維持管理にあたっているお寺です。
勧進とは役職名でしたが、善光寺ではこの役職名が寺名として残りました。大勧進の住職は貫主(かんす)と呼ばれており、善光寺の住職を兼ねています。
ガイドはここで終了します。

ツアー予約

・集合場所:大勧進境内
・受付時間は9時~12時随時
・出発時間:10時、11時、13時、14時
・所要時間:1時間半
・ツアー参加料:お一人様500円(参加料には、保険料が含まれます)
 大本願宝物殿拝観料500円・小中学生100円(6才以下無料)が別途必要です⦆
・土日休日前15時以降にお申込みいただいた場合、土日休日明けの平日にご連絡いたします。
※ツアーに参加される皆様には保険に加入していただきます。

2022年5月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
       
2022年4月